• 投稿カテゴリー:恋愛

蛙化現象って何?どんな人がなりやすい?愛されると冷める、その心理と対処法

蛙化現象って何?どんな人がなりやすい?愛されると冷める、その心理と対処法

近頃よく耳に目にするようになった「蛙化現象」をご存じでしょうか?

初めて知ったという人も多いかもしれませんが、読み方は「かえるかげんしょう」で主に恋愛に悩む女の人たちの間で話題になっている言葉のようです。

蛙化現象とはいったいどんな意味なのか、どんな人がなりやすいのか、その謎を紐解いてみましょう!

 


蛙化現象って何?


「蛙化現象」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

読み方は「かえるかげんしょう」で、主に恋愛中の女の人がなりやすい現象なのだそうです。

蛙と恋愛の共通点が全く分からない感じですが、蛙化現象の意味を調べてみると「ずっと好きだった男性と両想いになった途端に、その男性のことを気持ち悪いと感じてしまう現象」なのだそうです。

なぜ女の人が「蛙化現象」に陥るのか、もっと詳しく見てみましょう。

 


名前の由来となった「カエルの王様」


そもそも「蛙化現象」という言葉の由来はどこからきているのでしょう。

「蛙化」とは、グリム童話の「カエルの王様」が由来となっているそうです。

ある国の女王と泉に住むカエルの物語で、気持ち悪いと思っていたカエルが実は王子で、最終的に二人は結婚するという内容です。

これに対して「蛙化現象」とは、それまで王子のような存在だった彼のことがカエルのように気持ち悪くなり、恋心が急に冷めてしまうという現象になります。

現象としては真逆ですが、気持ちが正反対に変化するという点が同じなので「蛙化現象」と名付けられたようです。

 


蛙化現象に特徴的な症状


「蛙化現象」の読み方や意味については、何となく理解できましたでしょうか?

その由来がグリム童話の「カエルの王様」であるというのは少し驚きでしたね。

それでは恋愛に悩んでいる女の人に見られることが多いと言う「蛙化現象」には、具体的にどのような症状が現れるのか一緒に見ていきましょう。

 

症状①:好きな相手を「気持ち悪い」と思う

蛙化現象で最も特徴的な症状ともいえるのが、「好きな相手を気持ち悪いと思ってしまう」という、相手に対する気持ちの変化です。

大好きだったはずなのに急に「気持ち悪い」と感じ始めてしまい、相手の顔を見たくない、同じ空間で過ごしていたくない、そばにいるだけでイライラしてくるといった症状が現れるそうです。

これは相手に対する気持ちが冷めてしまったということではなく、生理的に受け付けなくなる症状のようです。

 

症状②:自己嫌悪に陥りやすい

相手のことを気持ち悪いと思ったり嫌悪感を持ってしまう症状の一方で、そんな自分に対しても嫌悪感を持ってしまうという症状も蛙化現象にはみられます。

自分からアプローチをして恋人同士になったのに、相手のことを気持ち悪いと感じてしまい申し訳ないと自己嫌悪に陥ってしまうケースもあるようです。

相手に対する気持ちは偽物だったのか自分でも分からなくなり、恋愛に対して消極的になってしまう人も中にはいるようです。

 


男性と女性で違いがある?


思いを寄せていた人と恋人同士になった途端に相手のことを気持ち悪いと感じるようになってしまう「蛙化現象」は、女の人だけに起こる現象で男の人には起こらないと言われています

果たしてそれはそれは本当なのでしょうか?

男の人でも付き合い始めた途端に気持ちが冷めるという現象はありますが、これは「釣った魚にエサはやらない」といった状態なので蛙化現象とはその意味が少し違っているようです。

誰かを好きになるたびに蛙化現象になってしまうと自信がなくなってしまい、「一生独身かも…。」と不安になる人もいるようです。

 


蛙化現象が起こる理由


片想いだった相手と両想いになった途端に「気持ち悪い」と感じてしまう蛙化現象は、どういった理由で起こるのでしょうか?

現状では蛙化現象が起こる詳しい理由については分からないそうですが、さまざまな視点から捉えた説はSNSなどでも話題となっているようです。

それでは蛙化現象が起こる理由についていくつか紹介しましょう。

 

理由①:過程を重視している

蛙化現象を起こしてしまう女の人たちは「恋人になるまでの過程を楽しんでいる」という人が多く、欲しいものを手に入れるまでのトキメキやドキドキする気持ちの方が楽しいと、自分でも無意識に感じているからだとも言われています。

男の人は「結果」を重視するのに対して、女の人は「過程」を重視する傾向にあると言われている点からも、蛙化現象が女の人に起こりやすいと言うのは何となく理解ができますね。

 

理由②:理想と現実のギャップ

恋は盲目とも言いますが、片想い中は相手を美化して見ている傾向が強く、自分の中で理想の相手を作り上げてしまい、そのイメージだけで相手を見てしまいがちです。

「この人しかいない!」と思ってアプローチをかけ、いざ恋人としてお付き合いが始まると「なんだか思っていた感じの人じゃない…」と、理想と現実のギャップを目の当たりにして、相手に幻滅してしまうことが蛙化現象の原因の一つと言われています。

 

理由③:自分を好きになった人への失望

ずっと思いを寄せていて「雲の上の存在」だと思っていた彼と恋人同士になれても、「彼と私とでは釣り合っていない気がする…。」「もっと素敵な人が彼にはお似合いなのかも…。」と、自分に自信がない女の人は蛙化現象になりやすい傾向にあります。

魅力のない自分のことを好きになった相手に失望感を持ってしまい、相手のことも魅力的に感じなくなってしまうことが、蛙化現象を引き起こす原因になることもあるようです。

 

理由④:恋愛に対して受け身でいるから

恋愛に対していつも消極的で受け身な女の人は、相手に対する期待ばかりが膨らんでしまいがちです。

自分が期待していた通りの相手でなかったり、思い通りにならないと蛙化現象を引き起こしてしまうケースも多くみられます。

これは、「自分が相手に何をしてあげられるか」ということを考えていない自己中心的な意識が原因となっていて、本人もなかなか気づくことができないため、蛙化現象になってしまうようです。

 


あなたはなりやすい?簡単診断!


恋愛に悩む女の人に起こりやすいという「蛙化現象」は、女の人なら誰でも引き起こすというものではありません。

でも「私は大丈夫!」と思っている人が、案外「蛙化現象」に陥っていることもあります。

あなたが蛙化現象を引き起こしやすいタイプなのか、簡単に診断できるチェックリストを用意しましたのでぜひ試してみてください!

 

特徴①:恋愛経験が少ない

あなたは男性との恋愛経験は少ない方ですか?

もし少ないという場合は蛙化現象に陥りやすい傾向にあるので要注意です。

恋愛経験だけでなく男友達が少ない人も、男性とどう接すればいいのかが分からないため、せっかく恋人同士になれた彼ともどうお付き合いをすればいいのか分からなくなります。

「恋人同士になれば毎日楽しいと思っていたのに…」とイメージしていた通りにならず、結果的に急に気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

 

特徴②:自分に自信がない

あなたは自分に自信を持てていますか?

もし自分に自信がないという人は、蛙化現象に陥りやすいタイプかもしれません。

蛙化現象というものは、自分のことを好きになってくれた相手のことを受け入れることができないという状態でもあります。

自分のことを好きになってくれると嬉しいはずなのですが、自分に自信が持てていない女の人の場合は、魅力のない自分を好きになった相手に嫌悪感を持つようになり蛙化現象を引き起こしてしまいます。

 

特徴③:理想が高すぎる

あなたは理想が高すぎるタイプですか?

もし理想が高すぎる場合は、蛙化現象に陥らないように注意が必要です。

理想が高すぎる女の人は、恋人に対しても完璧を求めてしまいがちです。

片想い中は自分のイメージで相手のことを好きになっていて、お付き合いをはじめてみると理想とは違っていた…となると、理想と現実の大きな差に幻滅してしまい蛙化現象を引き起こしてしまいます。

理想が高すぎるのも少し考えものかもしれませんね。

 

特徴④:過去の恋愛でトラウマがある

あなたはトラウマになるような恋愛を経験したことがありますか?

もしあるのなら蛙化現象にならないように注意しましょう。

過去にお付き合いをしていた恋人とひどい別れ方をしてしまった、初めは楽しくお付き合いができていたのに価値観が合わずに別れてしまった、といった経験があると「また別れてしまうかも…」とマイナスの感情が働いてしまい、不安な気持ちから蛙化現象を引き起こしてしまうようです。

 


予防・克服する方法もある?


恋愛を楽しみたいと思っているのに「蛙化現象」に邪魔をされて悲しい結果にならないように、蛙化現象を予防・克服するための方法を紹介します!

基本的に蛙化現象にならないためには、自分自身をしっかりと持って「恋愛」だけに囚われないことが大切です。

大好きな相手とずっとお付き合いができるように、蛙化現象の予防・克服についてぜひ参考にしてみてください!

 

方法①:交友関係を広げる

蛙化現象を予防・克服するために、色んな人と交流する機会を増やして交友関係を広げていきましょう。

特に恋愛に消極的な女の人は異性との交流が少ない傾向にあり、男友達も少ないため男性との接し方に戸惑ってしまいがちです。

男女関係なく色んな人と交流することで人との接し方もうまくできるようになり、恋人ができた時も蛙化現象を引き起こしにくくなります。

人付き合いをうまくできるようになることが、蛙化現象の予防・克服に繋がりますよ。

 

方法②:友達から恋愛に発展させる

蛙化現象を予防・克服するためには、いきなり「恋愛」を意識して気になる相手にアプローチをしないということです。

どれだけ好きな相手でもまずは友達になることを意識して、相手がどんな人なのか、自分が相手を美化しすぎていないかをチェックすることも大切です。

友達としてのお付き合いを通して相手を理解すれば、恋人同士になってからがっかりするということもなくなり、蛙化現象も引き起こさずに済みますね。

 

方法③:コミュニケーションに慣れる

人とのコミュニケーションに慣れるということは、恋人ができた時も必ず役に立ちます。

色んな人との交友関係を築くことで人間関係が円滑になり、人と接する機会が増えれば自然とコミュニケーション能力も高くなります。

色んなタイプの人とコミュニケーションが取れるようになれば、恋人に対しても偏ったイメージを持つことがなくなり、女の人がなりやすいと言われている蛙化現象を予防・克服することができます。

 

方法④:自分を認められるようになる

「私のことを好きになってくれる人なんていない」「ただの都合のいい女で終わるだけ」そんな風に自分のことを否定していては、恋人ができても蛙化現象を引き起こしてしまうことになります。

自分に対して否定的な女の人は、恋人になった相手に対しても否定的になったり不信感を持ってしまいがちです。

蛙化現象を予防・克服するためには、まずは自分で自分のことを認めてあげることが大切なポイントになります。

 

方法⑤:自分磨き

蛙化現象を予防・克服するために「自分を認めてあげる」ということが大切ですが、そのためにもまずは「自分磨き」をするということも大切です。

自分に自信がないから蛙化現象を引き起こしてしまうのなら、ひとまず恋愛は置いておいて、今よりも魅力的な自分になれるように興味のあることやこれまでチャレンジしてこなかったことを始めてみるのもいいですね。

自分がレベルアップしていくことで自信が持てるようになり、恋愛に対しても前向きな気持ちになれるはずです。

 

方法⑥:積極的に恋愛に関わる

恋愛に対して受け身な女の人は、自分のことばかりを考えてしまいがちで蛙化現象にも陥りやすくなってしまいます。

好きな人と恋人同士になれれば、相手が何でも希望通りにしてくれると一方的に思い込んでしまう女の人もいますが、恋愛というものは一方通行ではうまくはいきません。

自分のイメージ通りにならないと勝手に嫌悪感を持ってしまうことになるので、過度な期待を持つことなく、受け身ではなく自分からも積極的に恋愛に関わるように意識しましょう。

 


まとめ


恋愛に悩む女の人に起こりやすい「蛙化現象」について、その意味や原因、予防法なども紹介してきましたがいかがでしたか?

蛙化現象の由来になっているのがグリム童話の「カエルの王様」だということも意外でしたが、具体的な症状や蛙化現象を引き起こしやすいタイプ、またその理由などについて詳しく知ると、自分も当てはまっているかもしれないとドキッとした人もいたかもしれませんね。

蛙化現象は恋する女性の大敵ともいえる現象です。

大好きな相手への思いが通じて恋人同士になれたのですから、今の自分をもう一度見つめなおして客観的に自分のことを知り、もっともっと素敵なあなたになって恋愛を楽しんでもらえることを願っています!

 

あなたにオススメの記事はこちら!