【2021年の運勢】占い界の帝王『木下レオン』が恋愛運から金運まで大鑑定!!

【2021年の運勢】占い界の帝王『木下レオン』が恋愛運から金運まで大鑑定!!

木下レオンさんは福岡で飲食店の店長をしながら、その占いがスゴイと口コミで人気になった方です。

もともとサラリーマンだったり、修行をして僧侶の資格を持っていたりと、とにかく異色の経歴の持ち主。

そんな木下レオンさんは「THE 的中王2015」の優勝でブレイク後、「突然ですが占ってもいいですか?」のレギュラー占い師として活躍しています。

ここでは木下レオンさんの人物像について紹介するとともに、2021年の「金運」や「恋愛運」についての鑑定結果をお伝えしますよ。

 


2021年もブーム必至の占い師木下レオン


木下レオンさんはお母さんが「薬院の母」と呼ばれる有名占い師、お爺さんは手相家という家庭で生まれ育った、占い界のサラブレッドです。

高校卒業後は営業職のサラリーマンをしていたのですが、自分の将来を占ったレオンさんは、29歳で独立することを決め、福岡で飲食店を始めます。

 

その店では食事をしたお客さんに対して、レオンさんが無料で占いをしてあげていたのですが、その占いが「よくあたる」と口コミで評判になって、マスコミが取材に来るようになったとか。

「イケメン店長の占いがすごくあたる」とテレビで放送されたこともあり、徐々に有名人も店を訪れる人気占い師になっていきます。

その後、人気占い師が勝負をする「THE 的中王2015」で見事優勝。
けれどもレオンさんはそこでおごらず、さらに占いの技術を高めるため、2017年には修行をして僧侶になっています。

2019年には「ザ・ノンフィクション」といういドキュメンタリー番組で取り上げられました。

2020年の1月「突然ですが占ってもいいですかin赤羽」という占い特番が好評となり、4月からレギュラー番組となった「突然ですが~」の中で、占い師としてレギュラー出演するようになった木下レオンさんは、今一番旬な占い師と言えるでしょう。

 


木下レオンが財布で見る金運


以前「突然ですが占ってもいいですか?」の中で、木下レオンさんは「すぐできる金運アップ術」を公開しました。

木下レオンさんが注目するポイント……それは、「お札の入れ方」です。
お札を財布にしまう時、キレイに重ねて向きを揃えて入れますね。
この時「肖像の頭の部分から入れる」と金運が上がるそうです。

その理由は「頭から入れると、お札は財布から出られない」から。

逆さにいれたほうが良いと昔から言われていますが、お札が外に出られなくなり、お金が貯まるという意味だったのですね。
また、お札の表面の右下に印字されたナンバーにも注目です。

お札に印字されている数字は0~9、アルファベットはa~zまでありますが、この中で木下レオンさんがラッキーナンバーとして注目するのが、始まりを表す「1」、そして最後を表す「9」。

最後というのは「完結する=MAX」ということから、最強を意味するのです。
同じ意味で、アルファベットの最後の文字である「Z」が印字されたお札もポイントが高いです。

つまり、「9」または「Z」が印字されたお札を財布に入れておくことで、金運がアップします。「9」と「Z」の両方が印字されたお札なら、「最強」の金運アップ効果があるのだとか。

ぜひ手持ちのお札をチェックしてみてくださいね。

 


ほくろの位置で分かる?恋愛運


古代中国では人相学の一つとして、ほくろの位置からその人の性格や運勢を読み取る「ほくろ占い」が発達しました。

生まれた時にはなかったほくろが後から現れるのは、人生経験を積んだことで運命が変わったからと考えるのですね。

木下レオンさんはそんなほくろ占いにも精通しています。
ここではその中で、恋愛運に関するほくろについてお伝えします。
恋愛運に関するほくろで注目するのは、「鼻の横」にあるほくろです。

「鼻の横」あるいは「小鼻の横」にほくろがある人は、異性からもてやすい恋愛運の高い方です。

一方で結婚後モテるため、不倫の恋に陥りやすいので気をつけましょう。
「頬」にほくろがある場合、それが右なら愛憎絡み合う恋愛に、左なら略奪愛に縁があります。

欲に流されてやっかいな恋をしないよう、気をつけてください。
目元のほくろでは、それが「目じり」なら異性からよく言い寄られますが、男女間のトラブルに注意。

「目頭」なら良縁に恵まれ、幸せな結婚生活が訪れます。
また、位置ではありませんが、木下レオンさんは黒くてぷっくりしたほくろを生きぼくろ、茶色くて形が崩れたようなほくろを死にぼくろと呼び、生きぼくろのほうが良いとしています。

位置だけでなく形や大きさにも注目しましょう。

 


木下レオンが見る2021年最強総合運!


ここでは、木下レオンさんが考案した帝王占術の奥義、帝王吉方を元に最強総合運を持つ人トップ3を紹介します。

総合運第3位は、生まれ年が1927年、1936年、1945年、1954年、1963年、1972年、1981年、1990年、1999年、2008年、2017年の方です。

2021年には「出会いと別れ」「決断」が待っています。

これまで未解決の問題や先延ばしにしていたことに対して、決断し決別することになります。

努力が認められるでしょう。

総合運第2位は生まれ年が1933年、1942年、1951年、1960年、1969年、1978年、1987年、1996年、2005年、2014年の方ですね。

2021年は良くも悪くも、頑張ってきたことも不安に思ってきたことも、芽の出る年になります。

迷ったら進むこと、自分を伸ばすことを意識しましょう。

そして総合運第1位は生まれ年が1932年、1941年、1950年、1959年、1968年、1977年、1986年、1995年、2004年、2013年、2022年の方です。

2021年は「やろう」と思っていたことや、計画していたことが一気に花開きます。

「決断」を大事にできないとチャンスを逃します。

大きく成長できる時期ですが、初心を忘れないことが重要です。

縁や感謝の気持ちを大切に。

 


まとめ


いかがでしたでしょうか。

木下レオンさんはここでもあげたように、色々な占いをマスターしていますが、特にご自分で編み出された「帝王学占い」がよくあたると評判の方です。

帝王学占いは四柱推命をベースに、木下レオンさん独自の解釈や、経験に裏打ちされた直感などが加えられて完成しています。

その的中率は高く、木下レオンさんが福岡に拠点を構えていた時には、福岡まで通う有名人が何人もいたそうです。

ネットでの口コミでも、「すごく当たっていて驚いた」というものが多い上に、木下レオンさんの厳しくも熱い語りに「励まされた」「元気がわいた」という声も多数あります。

YouTubeに公式のチャンネルもあって、開運法などすごく参考になるので、ぜひ見てみてくださいね。

そんな木下レオンさんですが、現在は新型コロナの影響もあって対面占いは行っていません。

また、人気が高いことから電話占いもご本人は新規予約が取れず、お弟子さんの鑑定のみ予約可という状況が続いています。

その状況をもどかしく思った木下レオンさんが、ご自分の占いをより多くの人に届け、開運方法を知ってほしいという思いで監修されたのが、こちらです。

無料鑑定もありますから、気になったという人は一度お試しで運勢を占ってみてはいかがでしょうか。

 

▼▼あなたのお名前と生年月日を入れてみてください。木下レオン先生の鑑定を無料で受けることができます。▼▼