木下レオン【最新】年間占い2021版|令和3年丑年の運勢、あなたに起こる事

木下レオン【最新】年間占い2021版|令和3年丑年の運勢、あなたに起こる事

恋愛のこと、友人関係、仕事や収入のこと、健康面など……何かと変化の多い昨今。

今年2021年の運勢について、占いで知っておきたいという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、「今年2021年の運勢は?」「『辛丑』とは何なのか?」といったことを中心にお話しします。

良いことが起こるとわかっていれば、その幸運を十分に享受できますし、逆に悪いことが起こるとしても、予めわかっていればそれなりに対処できるでしょう。

 


2021年はどういう年?


今年、2021年がどういう年になるのかを占います。

2021年の干支(えと)は、辛丑(かのと・うし)

干支は、未来に起きる出来事を知るために、古代中国で生み出された暦のシステムです。

「辛」は、「悩みつつ、ゆっくり衰退していくこと」や「痛みを伴った幕引き」を意味します。

「丑」は、「発芽直前の芽が、今にも種子の硬い殻を破ろうとしている状態」つまり、「命の息吹」を意味します。

次に、二十八宿(にじゅうはっしゅく)で占います。

二十八宿とは、天の黄道を十二星座ではなく、東西南北の4つに分割し、さらにそれぞれを7つに等分して、合計28の「宿」に分けて吉凶を占うものです。

2021年は「觜宿(ししゅく)」にあたり、「稽古始め・運搬始めに吉、造作・衣類の着始めに凶」と出ています。

つまり、これらの占いによると、2021年は、「何かに悩むが、それもだんだんと終わりを告げ、新しい芽生えを見出す年」ということになります。

どんなことを終わらせて、どんなことを見出すのか──それは、あなた次第。

また、習い事などを始めるのに適した時期なので、新しいことを始めたり、しばらくサボっていたことをやり直すと運勢が良くなるでしょう。

 


「辛丑」ってどんな意味があるの?


2021年の干支、「辛丑」には、どんな意味があるのか、詳しく占いましょう。

まず、「辛」について。「辛」という漢字は、「からい、つらい、ひどい」」といった苦痛を伴う感覚を表しています。

五行説で「辛」は、植物でいう「枯れた状態」にあり、実が腐って地面に落ち、次世代の種をまく途中を意味します。

また、陰陽五行思想では、「黙考する」「黙想する」といった意味になります。

これらを考え合わせることで、「辛」は「悩みつつ、ゆっくり衰退していくこと」や「痛みを伴った幕引き」を意味することがわかります。

次に、「丑」について。「丑」は、発芽直前の芽が種子の硬い殻を破ろうとしている状態。

種の中に生命エネルギーが充満しているイメージです。

「丑」という漢字は、手の指に力を込めて曲げた形を表した象形文字ですが、「はじめ」といった意味もあります。

そして、「辛」と「丑」は、相手の力を生かし強め合う「相生」の関係にあります。

「衰退」と「芽生え」が相生の関係にあるということは、衰退の痛みが強いほど、力強く芽生える──つまり、「辛いことが多いほど、大きな希望が芽生える年になる」という運勢を暗示しているのです。

 


2021年の運勢を占うなら、木下レオンがおすすめ


2021年の運勢をもっと詳しく知りたい人には、木下レオン先生の占いがおすすめです。

木下レオン先生は、占い師の家系に生まれ、幼少時代から、長年その技術を磨いてきました。

そして編み出した独自の占術「帝王占術」の的中率は驚異的。

テレビをはじめとするメディアにも多く取り上げられ、芸能人にもファンが多いことで有名です。

「帝王占術」とは、伝統的な占術である四柱推命、九星気学、帝王学などを元にして生み出された占術で、木下レオン先生は、これによって相談者の運勢を見極め、自身の経験と洞察力を組み合わせてアドバイスを行います。

この「帝王占術」は木下レオン先生自身のことも占うことができるので、新しいことにチャレンジする時期や、その場所などについては、いつもご自身で占い、決めているそうです。

その結果、自らも成功を勝ち取ったというわけです。

そんな木下レオン先生に2021年の運勢を占ってもらったら、あなたの人生が一変するかもしれません。

 


木下レオンの驚きの的中率!


木下レオン先生は、スザンヌさん、山本美月さん、安田美沙子さんなど多数の芸能人の運勢を占って的中させ、人気を博している占い師ですが、かつては意外にもサラリーマンをしていました。

会社の同僚を占って「当たる!」と評判になっていたころ、自分自身を占って成功時期を確信。

退職し、福岡で「居酒屋レオン(現居酒屋アラジン)」をオープンします。

居酒屋での無料占いが話題となり、2015年にテレビ番組『THE的中王』に出演することに。

最強の占い師を決めるこの番組で、木下レオン先生は優勝して一躍有名になります。

この番組内では、蛭子能収さんの競艇の勝敗を言い当て、『THE・MANZAI』の優勝者を50組の中から的中させ、エレキテル連合の未来を言い当てるなど、なんと13もの項目を的中させました。

その後、2020年4月スタートのテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』のメイン占い師としてレギュラー出演し、さらに話題となっています。

木下レオン先生は、「四柱推命(しちゅうすいめい)」にオリジナルの解釈を入れて編み出した「帝王占術」に加え、これまでの経験からの推察、霊視、お祓い、九星気学、方位学、手相などの知識を駆使することで、占いの的中率を高めているのです。

 


木下レオンの占いを今すぐ受けてみる


2021年の干支は辛丑です。

「辛」は「悩みつつ、ゆっくり衰退していくこと」や「痛みを伴った幕引き」という意味。

一方、「丑」には「発芽直前の芽が種子の硬い殻を破ろうとして、生命エネルギーが充満している」という意味があります。

この「辛」と「丑」は、相手の力を生かし強め合う「相生」の関係にあるため、「2021年の運勢は、辛いことが多いほど、大きな希望が芽生える年になる」ということがわかりました。

また、次に、二十八宿によると2021年の運勢は「觜宿(ししゅく)」に当たり、「稽古始め・運搬始めに吉、造作・衣類の着始めに凶」と出ています。

まとめると2021年の運勢は、「何かに悩むが、それもだんだん終わりを告げ、新しい芽生えを見出す年であり、何か習い事を始めるのに適した年」ということになります。

では、あなたは何を終わらせ、何を始めるのか。

「それを決めるために、話題の占い師、木下レオン先生に2021年の運勢を占ってほしい!」

そう思った人に、朗報です。

実は今なら、木下レオン先生の鑑定を無料で受けることができます。

ぜひこの機会に、2021年に訪れる幸運をしっかりゲットしませんか?

 

▼▼あなたのお名前と生年月日を入れてみてください。木下レオン先生の鑑定を無料で受けることができます。▼▼

 

あなたにオススメの記事はこちら!